お知らせ

福島太郎の自邸見学会を開催いたします

ついに今日から学校などでも新年度が始まりましたね

桜のきれいに咲く中、

ひとつ大きくなった子どもたちが登園・登校している姿は

かわいらしかったり、たのもしかったり

見ていてプラスの力をもらえた気がします

 

 

福島工務店では4月20日(土)・21日(日)に

当社代表・福島太郎の自邸見学会を開催することとなりました

 

築14年を迎える大阪市住吉区に建つ3階建て住宅です

自然素材をたくさん使用して建てた家ですので、

使っていくとどんな風に変化するのだろう?という疑問を

お客様の目で確かめていただけます

 

完全予約制で、アットホームな雰囲気の中、

家づくりでの疑問や資金計画についてもご相談していただけます

 

詳細はこちらをご覧ください ⇒ 自邸見学会

 

 

完全予約制ですので、ご希望の時間枠がございましたら

ぜひお早めにご予約くださいませ

ISHIYAMA
Author:ISHIYAMA
Date: 2019.04.08 15:45 Category: イベント Comments: (0)

地鎮祭

ようやく気候も暖かくなってきて、一気に春がやってきた気分ですね

 

今日は、先日行われた地鎮祭についてお話したいと思います。

 

最近では地鎮祭を行わない方も増えてきているようですが、

地鎮祭は工事の無事や安全・建物や家の繁栄を祈る大切な行事です

 

地鎮祭という言葉は知っていても、実際どんなことをするのか

知らない方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そんな地鎮祭の様子を少しだけ…

 

地鎮祭ではその土地で初めて草を刈る「刈初(かりぞめ)」

初めて土をおこす「穿初(うがちぞめ)」

初めて土をならず「土均(つちならし)」を行います

 

写真は、代表の福島が土均を行っている様子です

IMG_0049

 

そしてその後、神主さんに用意していただいた鎮め物を納めます。

IMG_0048

IMG_0060

 

こちらの鎮め物は工事着工まで弊社で一旦預からせていただき、

基礎工事の際に地中に埋めさせていただきます

 

他にも参加者一人ひとりが玉串を祭壇に奉奠する

玉串奉奠等、様々な儀式を行い、

無事に地鎮祭を終えたらいよいよ工事着工です!

 

何となく身が引き締まりますね

 

新築工事をお考えの際は是非、地鎮祭や上棟式などのイベントごとにも

注目してみてください

 

FUKUI
Author:FUKUI
Date: 2019.04.06 15:12 Category: その他 Comments: (0)

T様邸 リノベーション工事 ~完成~

先日、以前からリノベーション工事を行っていた

T様邸のお引渡をさせていただきました

 

以前和室だった部屋を洋室にして、

3枚建ての引戸でLDKと間仕切れるようになっています!

 

引戸を閉めた状態がコチラです↓

DSC_02s12

 

手前がLDK、引戸の向こう側が以前和室だった部屋なのですが…

 

DSC_0212

 

LDKと洋室の床・クロスを統一したことによって、引戸を開けると

一体感があり、部屋が広く感じます

洋室側の窓からも光が差し込んでとても明るいですね

 

建具と床の柄もマッチしていてとても可愛らしいお家に仕上がりました。

T様にも喜んでいただけて嬉しい気持ちでいっぱいです

 

今回、T様邸は構造計算も行い、

耐震等級3になるように耐震補強も行っております。

 

弊社では新築以外にも、耐震補強を兼ねた

リノベーション工事も承っておりますので

皆さまも是非検討してみてください

FUKUI
Author:FUKUI
Date: 2019.03.22 17:13 Category: リノベーション Comments: (0)

打ち合わせスペースに…

今朝は雷が鳴っていましたね

春雷というのでしょうか。

お天気が不安定なのは気持ちが落ち着きませんね

春の暖かさをそろそろ感じたいishiyamaです

 

さて、この度事務所の打ち合わせスペースの時計を新調しました

 

IMG_4765

 

時間を表す部分が木の玉になっています

しかもいろんな木を用いていて

色もさまざまでとても趣があります

 

当社でお打ち合わせをされる際には

ぜひ注目してみてくださいね

 

ISHIYAMA
Author:ISHIYAMA
Date: 2019.03.13 15:53 Category: ブログ Comments: (0)

SE構法~床合板について~

先日、現在SE構法にて施工中の

店舗兼住宅の現場をチェックしに行ってきました

今回はそんなSE構法について、少しお話したいと思います。

 

SE構法は地震にとても強く、さらに木造在来工法では実現しづらい

大空間も実現できてしまう、とても優れた工法です

 

耐震に優れている秘密の1つとして今回紹介させていただくのはこちらです!

DSC04805

 

「耐震構法SE構法」と書かれたこちらのパネル…

床の構造用合板です

 

一般的な木造在来工法で使用される床合板は24mmの厚さなのですが、

SE構法はなんと「28mm」

 

更によく見ていただくと、端の方に+マークがついているのが分かりますか?

こちらは何のマークかと言いますと…

DSC04804

 

釘のピッチ(間隔)を指定するマークなんです

+マークの真ん中には釘が打たれていますね。

 

このようにSE構法には細かく釘のピッチが決められていて、

更にマークがついているため、しっかり施工できているか一目瞭然です

 

最終的には見えなくなってしまう部分ですが、

構造がしっかりしていることが少しでも分かっていれば安心ですね

 

これからも構造について少しずつお伝えしていけたらな、と思います。

 

新築をご検討の際は是非、

耐震性能に優れたSE構法を視野に入れてみてはいかがですか?

 

FUKUI
Author:FUKUI
Date: 2019.03.05 09:32 Category: 注文住宅 Comments: (0)
1 2 3 4 5 26
お問い合わせ 電話をかける
資料請求・ご相談