リノベーション

Renovation? イラスト

リノベーションという言葉、最近よく耳にしませんか? 私たちが考えるリノベーションとは、 何十年と住み慣れた思い出ある家を大切にしつつも 大規模な工事を行って既設の建物より耐震性や耐久性を 向上させた工事のことです。 性能だけではなく、ライフスタイルに適応した 新しい住まいをご提案いたします。

リフォームとリノベーションの違いは?

「リフォーム」とは老朽化した部分を直したり、古くなった設備を新しいものに入れ替えたり、壁紙を張替えたり、 マイナスの状態のものをゼロの状態に戻すため比較的小さな工事にリフォームという言葉が使われます。 それに対して、「リノベーション」とは、マイナスの状態からプラスα、新たな機能を加え価値を向上させることです。 間取りを変更し広々としたLDKにしたり、内外装などを変更し、よりデザイン性の高いものにしたりといった大規模な工事が「リノベーション」に該当します。

リノベーションのメリット・デメリット

イラスト
リノベーションのメリットは、思い出や愛着ある家をつぶさずに再利用できることです。また新たに家の購入をする場合、中古住宅が前提なので新築に比べ建物価格が割安になります。 規格住宅とは違う自分たちのこだわりある、ライフスタイルにあった建物にすることができます。しかし、デメリットもあります。既設建物の構造体(基礎・土台・柱)などが地盤沈下や 白アリなどの被害により修復が困難な場合は、耐震補修などにかなりの費用がかかる場合があります。 中古住宅を購入する場合は、事前に現状の簡易チェックを行うことをお勧めします。福島工務店では、ご要望があれば、建築の資格者が一緒に現地調査させていただききますので、お気軽にご相談下さい。

設計力と技術力

イラスト
リノベーションは、リフォームと違い、間取りの変更などのために既設の柱や梁を撤去しさらに補強が必要な場合があります。既設建物の構造を理解し、撤去できない壁や柱を考慮して設計することが大切です。福島工務店では、経験豊富なスタッフが現地調査を行い、設計させていただきます。 また、工事中に工事前にはわからなかった家の隠れた部分の不備がわかる場合があります。その場合は、知識と経験豊かな現場スタッフが設計士と連絡を取り合い、的確な判断での対処いたします。現状の家よりも、耐震性・耐久性があり、安心して快適に暮らせる家をおつくりします。

耐震性と省エネ。

イラスト
福島工務店では、大規模なリノベーション工事をする場合に、一緒に耐震補強を行うことをおすすめしております。既設建物が耐震基準に適合しているかどうかを確認し、不適合ならば、耐力壁などの補強を行います。外からではわかりにくい構造体の耐震性能ですが、いつ起こるかわからない大地震に備えることが大切だと考えております。 また古い建物の場合は、高性能断熱材と取替え断熱性能を高めることも大切です。家を高気密・高断熱にすることでエアコンなどの電力の使用を最小限に抑えることができます。自然光や通風も考慮した省エネ+エコな住宅をご提案いたします。
施工例一覧
お問い合わせ 電話をかける
資料請求・ご相談